●実技1・岩登り1(Rock Climbing Training1)●

********************************
2003年度(第21期)リーダー学校がスタートしました
********************************


 4月15日(火)19:30から入校式と第一回目座学「クライミング1」は、中山理事長の開講挨拶、そして入木田校長の講習のもと、2003年度神奈川県勤労者山岳連盟教育部主催リーダー学校がスタートしました。
 引き続き実技第一回目「クライミング基礎1」を4/20(日)に実施しましたが、雨天のため当初予定していた鷹取山から相模原の室内壁ストーンマジックに転身。ゲレンデとは勝手が違い、アルパインというよりもスポーツクライミング化しましたが、ロープワークの基本、確保支点の作り方、ムーブ、確保など一日に渡り2〜3人の少人数単位で、密度は高かったと思います。
 ロープ結束ではなるべく最近の名称を使いましたので、戸惑うこともありましたが、要は「エイトノットは8の字結びだな」とイメージできれば、それでよいと思います。今回確認したロープ結束は「フィギュアエイトノット」「ボーラインノット(ブーリン結び)」「クローブヒッチ(インクノット)」「ムンターヒッチ(半マスト)」「プルージックノット」「クレムハイストノット」など。
 確保器については、新しいデバイスをお持ちの受講者も多数いましたので、一部の方には「ルベルソ」の使い方や使用上の注意を。また、中級の方には「ミュールノット」による仮固定から自己脱出等も説明しました。
 夏のマルチピッチに向け、今年も安全なクライミングができるよう受講者と共に相互学習していきたいと思います。

(教育部/カモの会 後藤記)

■2003年度受講者
 中級(昨年初級卒業者)5名  初級13名  計18名
 参加山岳会・・・カモの会6名、AC横浜5名、みずなら2名、川崎労山1名
         横浜山楽会1名、さがみ山友会1名、川崎柴笛クラブ1名、
裏山探検隊1名



●写真1:ロープワークの確認風景


●写真2:ロープ結束 クローブヒッチ


●写真3:確保の風景

●写真4:本日のロープ結束の課題