●実技3( 読図山行 )●

【日程】2003年6月22日(日)
【場所】西丹沢・権現山周辺

 机上学習での知識をふまえて、西丹沢で実際に地形図とコンパスを使って読図山行を行いました。
 もちろん、一般登山道ではない道なき道を進みます。正しく地形を判別し、無事に目的地にたどり着けるでしょうか?

●写真(1)→ 山行前のミーティング
 ハーネスを装着しているのは、ルートを誤って、沢に懸垂下降をする必要が生じたときのため。



●写真(2)← 林道から入山

 まずは林道から入山して通常の登山道を進む。しかし『道があるからそこを進む』という意識では良くない。常に地形図と周辺の地形を見比べ、現在位置をチェックしながら進むことが大切。



●写真(3)→ 生徒間でアドバイスを交換する

 一人だけの判断よりも、大勢で意見を出し合って検証した方が良い結果が出る。生徒間でアドバイスを交換して、現在位置特定の精度を高めてゆこう。

 



●写真(4)← 道なき道を進む生徒たち

 一般登山道を離れて、いよいよ読図の技量が問われるようになった。流木など様々な障害物を乗り越えて沢筋を進む生徒達。



●写真(5)→ 名も無き涸れ沢を遡上する

 道が無くなると、現在位置の特定がはるかに難しくなる。コンパスを使って尾根や沢の方角をメモリーし、地形図と実際のそれとを比較してチェックしよう。
 尾根・沢の方角、形状、大きさなど、それらを地形図からイメージできるようになれば、現在位置特定の大きな判断材料になる。



●写真(6)← 下降ルートを探す生徒達

 小ピークで休憩を済ませた後、下降ルートを探索する生徒たち。読図山行では登りよりも遙かに難しい。
 コツは「小ピークが支尾根の発生ポイントとなっている」という法則を活用すること。尾根上に現れる小ピークのポイントをチェックし、そこから発生している尾根の方角を確認して、正しい下降ルートを見極めよう。



●写真(7)→ 山行後の反省

 少々のルートミスはあったものの、大きな事故も無く、無事に下山を終えた生徒達。
 技術習得チェックシートに反省点と課題を書き込む。

 読図山行は、自然が作り上げた迷路の中を解いていくようなパズル的な楽しみがある、山行のたびに地形図を持参して、読図能力を磨いて、もっと山をより深く理解して楽しめるようになって欲しい。


■文責:鳥越@小田原ナーゲル