●講師研修1( 西丹沢・悪沢 )●

【日程】2003年6月29日(日)
【場所】西丹沢・悪沢
【参加】樺島講師、馬渕講師、後藤講師、宮沢講師、鳥越講師、下田(カモの会)

 当初は谷川岳アルパインクライミングの予定が悪天のため順延。代わりに西丹沢で沢登りの技術習得を行うことになりました。

●写真(1)→ 入渓前のミーティング



●写真(2)← いざ入渓!

 中川温泉の近く、割沢橋から入渓開始。今シーズン初めての沢登りの者も多く、やはり緊張感が少なからずある。



●写真(3)→ ロープを用意してビレイの準備

 安全に沢登りを楽しむには、クライミングテクニックはもちろんだが、なにより確実なビレイ技術が優先される。装備やノット(結び)のチェックをしっかり行うことが大切。
 なお、F2(20m)は4級+程の難易度があり、講師2名がチャレンジするものの、どちらも滑落。ロープに助けられる。残念ながらF2は巻いた。

 



●写真(4)← F4(20m)をリードする鳥越講師

 リードはいつやっても緊張する。足場が悪い沢ならなおさらのこと。支点の数も限られるし、その支点も確実なものとは言えない(実際、F2では加重を掛けた支点が破損して墜落した)。慎重にホールドとスタンスを決めて、なるべく静かで滑らかな体重移動で登って行く。



●写真(5)→ F5(10m)を登る後藤講師

 一見つるつるに見えて登りづらそうに見える場所でも、岩のくぼみなど、弱点になる箇所がある。それらを探して、フェルト靴のフリクション(摩擦)を信じて立ちこもう。
 余談だが、フィックスロープを張ったときには2番手三番手のクライマーはプルージックを使うが。結び目を上に上げるのが面倒で、クライミングに集中できない。ペツルの「タイ・ブロック」(簡易アッセンダー)を使うのもオススメ。



●写真(6)← F5(10m)を登る宮沢講師

 沢登りの醍醐味はなんといってもシャワークライミング。F8(25m)では、いったん滝の本流を越えなければならず、皆ずぶぬれになった。しかし暑い夏には爽快なことこの上ない。
 なお、滝の水流の側部は水の飛沫で苔が発達していて滑りやすい、思い切って水流の中を探した方が、案外良いホールドやスタンスを見つけられる。



●写真(7)→ 滑床を快適に進む

 悪沢は短い沢だが、ゴルジュや連続する小滝や滑床などが混在して、楽しい。
 緊張する滝の登攀を終えて、中盤は快適な歩行を楽しめる箇所が続く。



●写真(8)← 涸滝をフリーで乗り越えて行く

 源頭部が近くなるにつれて水が少なくなり、やがて涸沢となる。斜度もきつくなって大変だ。しかし垂直に近い滝はもう無いので、ロープ無しのフリーで連続する小滝を次々と乗り越えて行く。
 なお、小滝を巻く時に、大きな石がはがれて、後続の馬渕講師、後藤講師を襲い、軽い打撲を負った。名前の通りの悪い沢だ。ホールドに加重を掛けるときには慎重の上にも慎重に。



●写真(9)→ 源頭部へと到着

 最後は杉林の植林地帯(屏風岩山東尾根)に突き上げて、この沢登りもフィナーレを迎える。この源頭部もガレ場になっていて、落石を起こさないように慎重に登る。
 下りは東尾根にしっかりとした林業用作業道があり、30分で大滝キャンプ場まで下ることができた。
 墜落や落石など、講師間でも反省材料の多い沢登りであった。


■文責:鳥越@小田原ナーゲル