●実技補講(沢登り)●

【日程】2003年8月2日(土)
【場所】多摩川源流・竜喰谷(りゅうばみだに)

 沢登り実技の補講として、また沢登りの経験を増やしたい生徒のために、日帰りの沢の補講が組まれました。

●写真(1)→ 圧倒的な水量のF1

 丹沢の沢と比較すると奥多摩の沢は水量が豊富。入渓していきなり現れる幅広の大滝に生徒は圧倒されている様子。



●写真(2)← 滝の右をフリーで越える

 水量は豊富で圧倒されるが、滝そのものは玄武岩質でステップが多くあり、登るのは案外難しくない。
 滝の右側にとりついて、フリーで越える生徒。



●写真(3)→ 釜をへつりながら通過

 釜の左をへつりながら滝に取り付く。水の中に案外良いスタンスがあることが多い。足でさぐりながらスタンスを探そう。

 



●写真(4)→ 幅広のナメ滝を登る

 ナメの傾斜を怖がって、体が前に傾くと、かえって滑りやすくなる、なるべく「足腰を立てる」ようにして垂直方向への力を生み出すことがコツ。



●写真(5)← 豊富な水量の奥多摩の滝

 滝を登る時、もっとも気を付けなければいけないのは、落ち口(水が落ち始めている場所、つまり滝の登攀の終わる場所)。
 落ち口は確かに最も落差が大きく危険な場所ではあるが、それを早く抜けたいがために体が前に倒れ込むのは厳禁。やはり後ろに滑りやすくなる。ここでもなるべく「体を立てる」ようにするのが基本。



●写真(6)→ 快適な滑床を歩く

 丹沢の急峻な沢とちがい、ゆるい標高差をゆったりと流れる多摩源流の沢は、快適な滑床が多い。緊張の滝を過ぎて、ほっと一息つける場所だ。



●写真(7) 懸垂下降のセッティングと下降

 曲がり滝を巻いて、下降を開始する生徒。 竜喰谷は本来、しっかりした巻き道があるのだが、この時は下降路が分かりづらく、非常に足場が悪かったので。練習の意味もあり、懸垂下降を行った。
 懸垂下降は素早く降りることができるが、支点が破損したら致命的なので、支点づくりは慎重の上にも慎重に。枯れた木にセットするのは厳禁。生きている木を利用させてもらおう。



●写真(8)→ ナメ床にチャレンジする

 つるつるしたナメを登るのは最初はなかなか難しいが、コツをつかめめば沢の楽しみが増す。危険の少ないこういう場所で十分練習しておけば、やがて上越の長大なナメ床でも怖がらずにすむだろう。



●写真(9)← 源頭部の美しい森

 ガレもヤブも無く、快適無事に遡行完了。源頭部では奥多摩の美しい森林が出迎えてくれる。充実した遡行を終えたクライマーへのなによりのプレゼントだ。

■文責:鳥越@小田原ナーゲル


生徒さんの感想文(1)→  生徒さんの感想文(2)→