●机上学習6・アルパインクライミング●

【日程】2004年9月21日(火)
【場所】横浜市・県民サポートセンター】
【講師】
入木田実文(みずなら山の会)

 まず始めに言えることは、岩の技術がその時代に応じて様々に変化し、確定された技術は非常に少ないことです。皆さんもアンテナを常に張り巡らせ、新しい優れた技術をどんどん取り入れて下さい。

●●● (講義要旨)●●●

1.岩登りを楽しむために
 @.岩登りを楽しむ
 A.岩場での危険性

2.岩登りの道具
 @.ロープ(ザイル)、シュリンゲ
 A.カラビナ
 B.ハーネス、シューズ、ヘルメット
 C.エイト環、確保器、アッセンダー
 D.ハーケン、ハンマー、ジャンピング、ボルト、フレンズ

3.ロープの結び方
 <タイイン・ノット>
  フィギュア・エイトノット
  ボーライン・ノット
 <フリクション・ノット>
  プルージック・ノット
  クレムハイスト・ノット
  オートブロック・ノット
  バックマン・ノット
 <ガルダーヒッチ>
  ガルダーヒッチ
 <荷重を移すための結び方>
  ムンターヒッチ
 <固定>
  クローブヒッチ
 <連結>
  ダブルフィッシャーマンズ・ノット
  シートベンド

4、岩場の名称とグレード

5.岩の登り方
 @.三点支持

6.固定ロープの利用

 @.固定ロープの通過方法

7.ビレイ点、終了点の作り方

 @.ハーケン、ボルト等の支点でのビレイ点、終了点の作り方
 A.岩のでっばり、立木、ブッシュ等での支点の作り方

8.確保の基礎技術

 @.自己確保(セルフビレイ)
 A.リードの確保(ビレイ)
 B.セカンド以下の確保

9.懸垂下降
 @.セッティング
 A.下降手順

10.トップロープとマルチピッチ

 @.トップロープ
 A.マルチピッチ

11.登攀技術

 @.立ち込み
 A.ジャミング、スメアリング
 B.人工登攀(アブミ)